インプラント

implant_01.jpg

インプラントとは、歯が抜けてしまった部分の骨にネジを埋め込んで土台とし、そこに人口歯を装着する施術方法です。

 

インプラントのメリットは、もともとある健康な歯を削ったり傷つけたりすることがないところです。できれば一生自分の歯で過ごしたいと思う人は多いと思いますが、やむをえない場合もあります。そんな時に、できるだけ自分の歯を残し、抜けてしまったところだけに部分的に施術できるのがインプラントの大きな利点です。

 

そして見た目が自然できれい、違和感があまりないことです。今までの自分の歯と同じような感覚で食事ができます。このようなことから、他の健康な歯を削る必要のある施術方法がある中、とても優れた治療法と考えられています。

 

虫歯や歯周病になる前に予防を

implant_02.jpgただ、そんな優れたインプラントにもデメリットはあります。比較的高額であることと、そして大がかりなものではありませんが骨を削る必要があるので手術が必要であることです。

 

また、施術後の定期的な検診などメンテナンスが必要になるので全体の治療期間としては長くみて1年くらいのスパンでみなく見なくてはなりません。

 

また、人口歯を埋め込む際にある程度の骨の量が必要ですので十分な骨の量がない方、重度の歯周病、ヘビースモーカーの方などはインプラント治療に向かない場合もありますので、まずカウンセリングを受けてからの治療となることもあります。定期健診は治療後1年は3か月に一回、それ以降は年に一回程度は受けることをおすすめします。

 

インプラントには術後メンテナンスが必要不可欠ですので、体が不自由な方、施術後のメンテナンスが困難である予想がされる方はインプラント治療を避けた方が良いでしょう。定期メンテナンスでは、インプラントした歯の歯肉や周辺に炎症がおきていないか、人口歯がゆるくなっていないかなどを調べます。

 

歯は一生ものです。なるべく自然に近い歯で暮らしたいものです。根気よくメンテナンスをして、気持ちの良い歯で過ごしましょう。

 

 

toiawase.jpg

▲このページのトップに戻る